別れの後に

ネコとイヌ

ペットとのお別れのあと、手元には火葬された後の遺骨が返骨されます。骨壷にはいった遺骨は手元で供養する方もいますが、しばらく経った後は人と同じように納骨堂に納骨することを希望する方も多くいます。ペット霊園などでは、そういった納骨を行う際に室内納骨堂などを用意しています。コインロッカータイプの納骨堂や棚型のタイプのものが有ります。棚のタイプでは個別に写真立てやお花を飾ったりすることが出来るスペースもあるようです。霊園によって様々なため、実際に納骨する霊園に相談したり中を見学させてもらうといいでしょう。屋外墓地に比べると低コストですみ、お参りはいつでも大丈夫というペット霊園が多くあります。またお参りには、特にお坊さんの供養をお願いしなければほぼ無料です。多くの家族が命日などに納骨堂にお参りに来るそうです。その他の遺骨の扱いとしては粉骨して粉状にすることが出来ます。例えば花壇などの家の敷地内に埋葬する事や、海などでの散骨を行う事も可能になります。メモリアルカプセルの中に分骨することも出来るので、身につけておくことも可能です。粉骨した状態なら小さなケースやペンダントに入れることもできるため、アッシュペンダントに粉骨した遺骨を入れる人もいます。また昨今では遺灰からダイヤモンドを作る技術も出ており、固定炉で火葬したペットの遺灰をダイヤモンドにしてジュエリー加工し、身につけている方もいるようです。